栗の写真部門

作品1.「きらきら栗」宇野澤 恵

家族で栗拾いに行ってきました。
ちょうど拾いやすいところにすっぽりはまった栗がありました。
栗の木からのプレゼントかな??
背景がきらきらして綺麗でした。

作品2.「ほっくり」曽我部 由希

ご近所さんに栗のお裾分けをいただきました♡
双子の娘は栗が大好きなので大喜び(^ー^)栗でお鼻を作ってました♡♡
それを見て私もほっくり♡♡

作品3.「栗一粒と秋のミニチュアケーキ」竹田 文子

私は仕事で粘土でミニチュアのケーキを作っております。秋に栗のケーキを作りました。細かい作業が好きなので、いがのとげとげの部分を作るのがとても楽しかったです。大きさの比較の為に本物の栗の実と一緒に撮りました。栗の実のまん丸な感じが可愛く思え、とても好きな写真です。

作品4.「栗の愛と強さ」 SHIROIRO(土屋博子)

 結婚記念日に栗の名産地丹波篠山に行きました。食べる栗も大好きですが、私は栗の見た目も大好きで、大切に大切に持ち帰り愛でる様な気持ちで、栗を撮影しました。
尖った毬と優しい曲線美の栗。
尖った毬は、その優しい美味しい栗を守る為にある。そんな強さと優しさを表現した写真です。

まるで母がお腹の中で赤ちゃんを守るように
優しく強く…

今の時代も大切な物を人を守る気持ち…
栗を見ながらそんな事を想い撮った1枚です。

作品5.「丹波栗のマロングラッセ」平澤 美香

自生の丹波栗のマロングラッセ…
と言うか
〝洋風栗納豆〟感が強め
今年はラム酒多め、ブロークンなマロングラッセでも大きく仕上がりました。ついつい手が伸びていかんヤツです。
栗の仕込みは毎年の事ですが
1年に1回しか出来ません。
10年やっても10回です。
渋皮煮、甘露煮、マロングラッセ、マロンピューレ…
栗ほど固体差の大きい果物はないかなぁと思います。毎年、栗の仕込みに右往左往しています。

栗屋大賞の投票は「栗好きの会」の会員の方はご参加いただけます。
投票フォームはエッセイ部門の最後にあります。