栗のお手軽レシピ部門

作品1.「 ひと粒の至福栗(ひとつぶのしふっくり)」水谷 早百合

【材料:10個分】
自然栗 5個
和栗 5個
サブレクッキー 10枚(市販品・東ハトのソルティがおすすめ)
クリームチーズ 90g
砂糖 10g
レモン汁 小さじ1/2
ブラックチョコレート 200g

【作り方】
1.常温で柔らかくした、クリームチーズをボウルに入れて、砂糖・レモン汁を加えてよく混ぜ合わせておく。
2.チョコレートは刻んでボウルに入れて湯煎にかけて溶かす。
3.クッキーの上に1の1/10を絞り栗をのせる。残り9個も同様にする。
4. 3をバットを受けた網の上に並べ、溶かしたチョコレートを全体を覆うようかける。
5.チョコが固まったら出来あがり。冷蔵庫で冷やしても良い。

市販のクッキーを使うことで、手軽に作ることができます。
栗を丸ごとひと粒使った贅沢なスイーツ♡
栗とチーズクリーム、チョコの相性はバッチリ!ひと粒で至福の時間を満喫できる一品です。

作品2.「簡単!びっ栗!!バスクチーズタルト風」栢森 真希

【材料:10個分】 

餃子の皮…10枚 

和栗…5個 

自然栗…5個 

市販のカスタードプリン…100g 

クリームチーズ …100g 

レモン汁…小さじ1 

【作り方】
1.柔らかくしたクリームチーズを泡立て器で混ぜてクリーム状にし、カスタードプリン(カラメルの部分は残しておく)レモン汁を加えてさらに混ぜ合わせる。
2.アルミカップの中に餃子の皮を入れて、形を整え1.を流し入れる。
3.オーブントースターの天板の上に置き、アルミホイルを被せて5分焼く。
4. 一旦取り出し、プリンのカラメル部分をスプーンで上に塗り広げる。アルミホイルを外してさらに5分焼き、焦げ目を付ける。
5.冷めてから上に和栗、甘露煮をトッピングして出来上がり。

 
クリームチーズと市販のプリンを合わせたチーズ生地にプリンのカラメルを塗り、高温で焼き上げてバスク風に仕上げました。表面はパリッ、中はもっちりとした餃子の皮のタルト生地とクリーミーなチーズケーキは栗との相性抜群!!栗の美味しさを味わえる簡単なバスクチーズタルトです。 

作品3.「栗の生春巻まんじゅう」スパイシーぷりん

【材料】
栗の甘露煮 2粒
ライスペーパー 2枚
あんこ 80g(1つに40g)
白玉団子 2個
生クリーム 50ml
砂糖 5g
シナモンパウダー 少々

【作り方】
1.ライスペーパーを水にさっとさらす。
2.栗を縦に半分に切る。
3.ライスペーパーに、栗、あんこ、白玉団子をのせて包む。
4.生クリームに砂糖を入れて泡立てる。
5.器にのせ、生クリームの上にシナモンパウダーをふりかける。

栗の甘露煮をくるっと包んで手軽に食べられるお饅頭のようなものにしたいのだけれど何がいいなあ…と考えていて思いついたのが「生春巻の皮」で包むことです。生春巻ききと言えば、野菜や海鮮を入れることを思い浮かべますが、もともとはお米から出来ているので栗にもあんこにも合わないはずがない!と思い作ってみました。生春巻きのもっちりとした食感に栗が合います。栗が透けて見た目もかわいい★新食感★の栗のスイーツになりました。
生クリームwithシナモンパウダーは、途中、味変できるように添えました。一つで二度美味しいところが嬉しいです。
中には白玉を入れましたが、いちごやぶどうなど、季節のフルーツを入れても美味しいと思います。
栗が透けていて見た目がキュートなので、パーティーなどでも活躍まちがいなし。

とても簡単に出来ます。
是非たくさんの方に食べていただきたいです。

作品4.「おうち時間を楽しむ♪びっ栗焼き」 野村 みゆき

 【材料:たこ焼き型6個分】
栗甘露煮3個~6個
ホットケーキミックス50g
牛乳または豆乳50cc
溶き卵1/2個
サラダ油適量
チョコペン適量
粉末緑茶適量
くるみ適量

【作り方】
1.栗の甘露煮は大きいものは半分にカットし、全部で6個用意します。
2.ボウルにホットケーキミックス・牛乳・溶き卵を入れ、混ぜ合わせます。
3.たこ焼き器の6個分に油を敷き、適温に熱したら、2を流し入れ、1をひとつずつ入れます。
4.焼けてきたら竹串等を使い、はみ出た生地を入れ込みながらひっくり返し、全体に焼き色が付くまで火を通します。
5.4を皿に盛り、チョコペンでチョコをかけたら粉末緑茶をかけ、最後にスライサーで薄くカットしたくるみをトッピングして完成です。

たこ焼きに見えるけど、食べると栗のスイーツ!ふわふわの生地、緑茶とクルミの風味が、甘くておいしい栗を引き立てます。作って楽しむ、見た目を楽しむ、味を楽しむ、おうち時間を楽しむ、びっ栗焼きです。

作品5.「栗色襲」西浦 美恵

【材料:4個分】
栗の渋皮煮 4個
カマンベールチーズ 28g
白餡 120g
アールグレイティーバック 1
粉寒天  小さじ2分の1
水 100ml
熱湯 200ml
金粉 適宜

【作り方】
1.カップにティーバッグを入れ、お湯を入れ濃い目の紅茶を作る。
2.鍋に水と粉寒天を入れ、よく混ぜ、日にかける、中火の強火でふつふつさせ、1を加えしっかり混ぜ、火を止める。
20センチ×10センチ以上の容器に流し入れ、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
3.カマンベールチーズを7ミリ幅に切り、栗の厚みを半分にする.白餡を15gの玉にし、伸ばしておく。
4.2の紅茶寒天を4×5センチ程に切り、寒天の上に白餡、渋皮煮、チーズ、白餡、渋皮煮、寒天を重ね、金粉を飾る。

渋皮煮の甘さと程よい渋味が、紅茶と合いました。
渋皮煮、チーズ、白餡、アールグレイが重なり色々な味を楽しんで頂けます。

栗屋大賞の投票は「栗好きの会」の会員の方はご参加いただけます。
投票フォームはエッセイ部門の最後にあります。