設立の経緯

「100年ずっと栗屋です。」これは当社のキャッチコピーです。
 
 このコピーの通り、初代喜太郎が千駄ヶ谷で剥き栗を販売して以来、
当社は100年以上、栗業界に関わってまいりました。 
 お客様はもちろん、栗の生産者の方をはじめとする
多くの方のお力添えのおかげで
当社は今日までこうして商売を続けることができました。

そして、栗。 
栗がなければ今の当社の姿はなく、栗に対する思いは格別です。 

 そこでこれまでの栗および栗業界への恩返しと言ってはおこがましいですが、
栗への感謝の気持ちとこの業界の発展の一助となることを願って、
この度「栗屋大賞」を創設することとなりました。 
 
 「栗屋大賞」は栗好きの方ならだれでも参加することができます。
「栗屋大賞」にはいくつかの部門があり、
栗の美味しい食べ方やアレンジレシピ、栗の写真やイラスト、
皆様の栗にまつわるエピソードなどを広く募集し、
専門家の方達とともに大賞を決定いたします。

この賞に参加いただくことで、ご参加者の方におかれては栗を楽しみ、
栗の新たな魅力を発見する機会としていただけたら幸いです。
また栗を愛する皆様とともに、栗の魅力をさらに広め、
ひいてはこの業界全体を盛り上げていけたらと考えております。


栗好きの会とは

「栗好きの会」は自然栗本舗が主催する、「栗を愛する方」のためのコミュニティです。
栗好きのみなさんと美味しい栗の食べ方や栗の楽しみ方を研究し、交流することを目的としています。サンプルの試食会や座談会などを通じ、みなさんとともに栗の新たな魅力を発見できたらと考えております。
(入会金や年会費は不要です。)

活動内容

 ・栗屋大賞への応募 
・栗屋大賞運営事務局へのボランティア参加 
・新商品サンプルの試食 
・栗にまつわる座談会の開催 
・オリジナル栗グッズの開発・作成 等 

入会方法

下記の入会フォームよりお手続きください。
(自然栗本舗会員登録画面へ移動します。)


会社概要

栗、百年ものがたり。

「美味しいものを一生懸命作れば、
必ずお客様がひいきにしてくださる。」
 
これは初代、熊木喜太郎の言葉です。
 
千駄ヶ谷村で剥き栗を売り始めたのは明治の頃。
 
当時は内職の剥き子さんが剥いた栗をリヤカーに載せ、
料理屋や煮豆屋に売って歩いたと言われています。
 
そして時は流れ、わたしたちは喜太郎が作っていた栗を
「自然栗」と名付け、再現しました。
 
喜太郎の言葉を今も引き継ぎ百年余。
安心安全で、昔から変わることのない本物のおいしさをおとどけします。

会社概要

熊木産業株式会社

所在地:東京都新宿区荒木町8番地

代表取締役社長:熊木喜廣

設立:1965年11月2日

関連サイト:自然栗本舗